岸田政権は「統一教会内閣」 立民代表

東京, 8月19日, /AJMEDIA/  立憲民主党の泉健太代表は19日の記者会見で、岸田政権の閣僚ら政務三役と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の接点が次々に判明していることに関し「統一教会内閣と言ってもいい。統一教会に依存してきた議員たちによる内閣だ」と指摘した。  教団との関係が明らかになった自民党の萩生田光一政調会長についても「関係を絶つと言えばいいのに、適切に対応するという言葉でやり過ごしている。よっぽど選挙の応援が欲しいのか」と批判した。  萩生田氏が生稲晃子参院議員と教団関連施設を訪れたことに関しては「萩生田氏は(自民党の)東京都連会長だから、組織的に連れて行ったのではないか」との見方を示した。

浜田防衛相がワクチン接種公開 新型コロナ

党大会へバランス腐心 対日関係で安定模索―中国

日中、関係安定なお不透明 対話継続確認も懸念拭えず

野党、臨時国会の早期召集要求 旧統一教会問題、首相が説明を

円相場、136円12~12銭 19日正午現在

東京, 8月19日, /AJMEDIA/  19日の東京外国為替市場の円相場は、正午現在1ドル=136円12~12銭と、前日(135円29~30銭)に比べ83銭の円安・ドル高となった。

7月消費者物価、2.4%上昇 食料、電気・ガス代値上がりで―4カ月連続2%超え

中国、熱波で計画停電 日系企業も操業停止に

既存配管使い水素パイプライン 脱炭素に貢献、安全対策へ実証―NTT

円相場、134円87~87銭 18日正午現在

コロナ全数把握見直し、早急に対応 「現場の負担軽減」―加藤厚労相

東京, 8月19日, /AJMEDIA/  衆院厚生労働委員会は19日、閉会中審査を開いた。新型コロナウイルス感染者の全数把握の見直しをめぐり、加藤勝信厚労相は「専門家や関係者の話を聞きながらスピード感を持って対応していきたい」と述べた。立憲民主党の柚木道義氏への答弁。  新型コロナの感染「第7波」では、新規感染者数が過去最多を更新。全ての感染者数を確認する全数把握は医療機関や保健所の大きな負担となっている。  このため政府は、特定の医療機関だけに報告を求める定点把握への移行を含め見直しを検討。加藤氏は「現場の負担をどう軽減していくか。さまざまな観点から検討する」と述べた。

2歳女児死亡、母親を追送検 車に放置、2児熱中症死―神奈川県警

「福島復興が最重要課題」 西村経産相、知事と会談

国内感染、最多25万5534人 21道県で更新―新型コロナ

FX投資で違法助言疑い 19億円集金か、25人逮捕―大阪府警

国連総長、原発調査団派遣を支援 ウクライナ・トルコ両首脳と会談

東京, 8月19日, /AJMEDIA/ 国連のグテレス事務総長は18日、砲撃が続くウクライナ南東部ザポロジエ原発について、いかなる損害も「自殺行為だ」と警告した。その上で、原発一帯の非武装化を訴え、国際原子力機関(IAEA)の調査団派遣を支援する考えを示した。  同国西部リビウでゼレンスキー大統領、トルコのエルドアン大統領との会談後の共同記者会見で語った。エルドアン氏も会見で「新たなチェルノブイリは望まない」と述べ、原子力災害のリスクが高まる現状に危機感を表明した。  ゼレンスキー氏は会見後のビデオ演説で「調査団を妨げる障害はない」と強調し、ウクライナ領内を安全に通行できると語った。グテレス氏と調査団派遣に向けた条件で合意したとしたが、詳細は明らかにしていない。

韓国の非核化提案拒否 与正氏「相手にしない」―北朝鮮

大統領、ユーチューバーともみ合い 最後は「大人の対応」―ブラジル

ロシア、飛び地に極超音速兵器配備 NATOをけん制

中国の軍事圧力「数カ月続く」 台湾海峡の安定脅かすと批判―米高官

“タコのウインナー”似の生き物 新種か 鹿児島大などの研究

東京, 8月19日, /AJMEDIA/ 鹿児島県で発見され、子どもの弁当などで定番のタコの形をしたウインナーに姿が似た生き物が、新種の可能性が高いことが鹿児島大学などの研究で分かりました。 この生き物は、体長5ミリほどのヤドリイツツノムシ属の仲間で「山太郎ガニ」とも呼ばれるモクズガニなどに付着していたことから「ヤマタロウヤドリツノムシ」と名付けられました。 22年前に鹿児島県内で発見され、垂水市と肝付町の川で確認されていましたが、その後、鹿児島大学の上野大輔准教授などのグループの研究で、東南アジアに生息する種類とは生殖器などに違いが見られたため、新種の可能性が高いことが分かり、今月1日にイギリスの学術誌に掲載されました。 子どもの弁当などで定番のタコの形をしたウインナーに姿がそっくりで、水質がきれいな川でのみ確認されていることから、上野准教授は「水質を評価する際の指標になる可能性も高い」と指摘しています。 研究グループでは今後、分布や詳しい生態を調査することにしています。 上野准教授は「最初に見た時は不思議な見た目で何の仲間か分からず、衝撃でした。かわいらしい見た目や動きをしているので、まず1回見てほしいです」と話していました。

宇宙飛行士の月着陸目指すNASA 試験飛行のロケットが発射台に

“地球に水や有機物”解明手がかりに はやぶさ2 サンプル分析

米宇宙軍、「Falcon Heavy」にブースターの再利用を許可–偵察衛星打ち上げに向け

新型コロナ 4回目ワクチン接種 対象拡大を首相に要望 都知事

米宇宙軍、ロボット犬による基地内パトロールを実演

東京, 8月19日, /AJMEDIA/  ケープカナベラル宇宙軍施設に忍び込もうとしても、それが7月の下旬だったら侵入はうまくいかなかっただろう。米宇宙軍が7月に、Ghost Robotics製のロボット犬2台にパトロールさせるデモンストレーションを実施したからだ。今後、より広範で重要な境界セキュリティ向けにこのロボットが導入される可能性もある。  デモンストレーションで使われたロボット犬「Vision 60」は自律型四足歩行ロボット(Q-UGV)で、「YouTube」でセンセーションを巻き起こしたBoston Dynamicsの四足歩行ロボットによく似ている。さまざまな脅威を検知でき、幅広い用途に利用可能な移動式センサープラットフォームとして設計されている。Ghost Roboticsの説明によれば、Vision 60モデルは「中型で耐久性が高く、機敏かつ丈夫な全天候対応の自律型歩行ロボットで、国防や公共事業、民間企業での利用を見据え、不規則な構造をした都市環境や自然環境で幅広く使える」という。  米空軍も以前に、パトロールを目的としてVision 60をテストしており、米軍基地での日常業務を担う自律型システムに広く関心が寄せられていることがうかがえる。  セキュリティは、こうした自律型歩行ロボットが利用できそうな用途の1つに過ぎない。Vision 60やBoston Dynamicsの「Spot」のようなロボットは、幅広い用途に利用可能な自律型プラットフォームとして設計されており、セキュリティや国防以外にも利用でき、パイプラインおよびインフラの点検、捜索や救助といった作業にも使われている。

「Windows 11」、ウィジェットからの通知をタスクバーに表示開始

東京~サンフランシスコが6時間の超音速旅客機、アメリカン航空が20機を購入へ

フォード、天気や制限速度を路面に表示できるヘッドライト技術を発表

折りたたみスマホの出荷台数、2022年は世界全体で73%増の1600万台–2023年は2600万台

松山は34位発進 米男子ゴルフ・プレーオフ第2戦

東京, 8月19日, /AJMEDIA/ 米男子ゴルフのプレーオフ第2戦、BMW選手権は18日、デラウェア州ウィルミントンのウィルミントンCC(パー71)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は4バーディー、3ボギーの70で回り、首位と6打差の34位で発進した。キーガン・ブラドリー(米国)が64をマークし、単独首位。  第2戦は2021~22年シーズンのランキング上位70人が出場資格を持ち、68人が出場。ポイント上位30人が次週の最終戦に進む。シーズン王者は1800万ドル(約24億円)を獲得する。

ダルビッシュが先発 菊池は初の中継ぎ登板―米大リーグ

仙台育英が逃げ切る 高校野球・愛工大名電―仙台育英

柔道の近藤隼斗(佐賀工高出身)トップアスリートに認定 佐賀県 パリ五輪「金」目指す

超激しい中団争いが、アルファタウリ没落の原因? ガスリー「ちょっとの後手が、大きなツケになる」

イラン、EUの核合意「最終文書」に回答 米次第で「妥結間近」

東京, 8月16日, /AJMEDIA/ イランは15日、核合意再建をめぐり欧州連合(EU)が8日に当事国に示した「最終文書」への回答をEUに行った。EU当局者の話としてロイター通信が報じた。内容は明らかになっていない。  イランの国営英語放送局プレスTVによると、アブドラヒアン外相は15日、イランの回答に対し米国が現実的で柔軟に対応すれば「妥結は間近だ」との見方を示した。

本性見せたタリバン 米国との合意守らず―アフガン情勢に詳しい慶応大教授

アフガン、テロの脅威根絶できず アルカイダと関係維持か―政権奪取から1年・タリバン

タリバン、広がらぬ国際承認 代表権問題で国連も静観―アフガン

米、イラン革命防衛隊員を訴追 元大統領補佐官の暗殺計画

水族館のぺンギン施設が人気 仙台市

東京, 8月12日, /AJMEDIA/  仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)で、先月新設されたケープペンギンの展示コーナーが子どもたちの人気を集めている。  新施設「うみの杜ビーチ―PENGUIN LIFE(ペンギン・ライフ)―」は、ケープペンギンの保護区である南アフリカの「ボルダーズビーチ」をモチーフに、まるで生息地を訪れたかのような一体感や臨場感を体験できる。プール、砂浜、営巣の三つのコーナーに分かれ、コーナーごとにさまざまな表情を観察できるという。  訪れた子どもたちはスマートフォンで写真を撮るなどしてペンギンを間近に感じ、満面の笑みで夏休みを楽しんだ。

書き入れ時に「第7波」 対策再徹底も客足に不安―外食・旅行

都民観光支援、月末で中断 行動制限は求めず―東京都

来館者、50万人に到達 国立ハンセン病資料館―東京

全国旅行支援、何が変わる? 「県民割」の対象拡大―ニュースQ&A