岸田首相「身内」に批判相次ぐ 長男秘書官と側近木原氏

東京, 1月29日, /AJMEDIA/  岸田文雄首相の「身内」の振る舞いが批判を浴びている。今月の欧米歴訪に同行した長男翔太郎政務秘書官が公用車で観光したと報じられ、側近の木原誠二官房副長官が横柄とも受け取られかねない態度を取ったためだ。自民党内では政権への影響を懸念する声が出ている。  報道によると、翔太郎氏は自ら希望し、日本大使館の公用車でロンドンのバッキンガム宮殿や老舗百貨店「ハロッズ」などを訪問。土産も購入したという。  首相側は、対外発信に使用する目的で街の風景を撮影したり、首相の代理で土産を購入したりするために公用車を使用しただけで、「公務以外の不適切な行動はなかった」と説明している。  新たな攻撃材料を得た立憲民主党は「もし観光していたなら閣僚不祥事どころじゃない」(幹部)と批判。27日には外遊中の翔太郎氏の日程を提出するよう与党に要求した。  自民党内には「最悪だ。国民には観光にしか見えない。政権にとってマイナスだ」(関係者)と嘆く声がある一方、「事務方に土産を買わせられない。政務秘書官の雑用の範囲だ」(幹部)と擁護する声もある。  木原氏は13日の日米首脳会談後、取材に応じる首相の近くで両手をズボンのポケットに突っ込んでいる様子が伝えられた。木原氏は17日のユーチューブ番組「魚屋のおっチャンネル」で、ポケットに手を入れて歩きながら考える癖があると釈明。母親から「恥ずかしいからポッケを縫え」と叱られたことも明かした。  24日の同番組では脚を組む癖も指摘され、「欧米では一つの流儀」と回答。自民党中堅は「身内が首相の足を引っ張っている」と漏らした。

広がる選挙区、自民3人が神経戦 1減も将来戻る可能性―衆院・岡山

自治体非常勤職員に勤勉手当 24年度にも支給可能に―総務省

児童手当を大幅拡充 公明、統一選重点政策に

国連、テヘランのアゼルバイジャン大使館襲撃を非難

スタンダード移行も選択肢 プライム企業、上場維持へ奔走―東証再編

東京, 1月29日, /AJMEDIA/  東証が市場再編後に講じてきた上場維持基準の適用を猶予する「経過措置」について、2025年3月で終了する案を示した。企業は期限内に基準達成を迫られるが、最上位のプライム市場を選んだ社の中には、上場廃止回避のため基準が緩いスタンダード市場への移行を検討する動きも見られる。  東証の案では、経過措置終了後の決算期末に基準を下回った企業は改善期間に入り、1年後も未達なら半年後に上場廃止となる。上場企業の大半を占める3月期末の企業では、最短で26年3月に上場廃止が決まる。  22年12月末時点で上場基準を満たさず、適合計画を提出しているプライム企業は269社。うち8割近くが26年3月までに達成する見通しだ。東証案に対しても、「予定通り」(新田ゼラチン)と、冷静に受け止める企業が多い。計画提出後に流通株の時価総額が増加し、「達成まで手の届く範囲に来ている」(日本システム技術)企業もある。  一方で東証は、今回の制度施行後6カ月は、プライムからスタンダードに審査なしで移れる「救済措置」を設ける方針だ。基準との隔たりが大きい企業は、プライム残留を模索しつつ「粘って『できません』では、株主に迷惑を掛けてしまう」(ピエトロ)と、難しい選択を迫られている。  26年3月より後に基準に適合する計画を出している企業は、改善期間終了後も計画終了までは監理銘柄に指定され、上場廃止は猶予される。大和総研の神尾篤史主任研究員は「非常に重いネガティブな措置だ。投資家が買いにくくなる。対策を前倒しで進める企業も出てくるだろう」との見方を示している。

春節の海外旅行119万人 ゼロコロナ解除で2倍―中国

半導体規制、米日オランダ合意 中国包囲網の「一里塚」

千葉で鳥インフル 25万羽処分

陸上養殖、参入相次ぐ 実態把握へ届け出制導入―政府

路上のガム、取り続け20年 460万個超、マナー向上願う―専門業者の57歳男性

東京, 1月29日, /AJMEDIA/  繁華街や駅前などの路上には、吐き捨てられ、こびり付いたガムが点在している。国内唯一の専門業者「ガムクリーン・カンパニー」(東京都港区)の執行役員宮本晴一さん(57)は、20年以上にわたりガムを取り除いてきた。その数は460万個を超える。「歩く人が気持ちよく一歩を踏み出せる環境をつくりたい」。自治体や商店街などから依頼を受け、街の美化に励んでいる。  1月下旬、東京・六本木の交差点で宮本さんは慣れた手つきで地面を磨いていた。英国製の専用機器を使い、黒ずんだ箇所に約130度の蒸気を当て、洗浄液を噴射。ふやけたガムはブラシで軽くこするだけで溶け出す。1個の処理に要する時間は約10秒で、1日に最大1300個ほど除去できるという。  「一度きれいにした場所は吐き捨てが減る」と宮本さん。20年前と比べ、ガムの生産量は約4割に減少し、吐き捨てられる量も減ってきた。それでも長年蓄積した黒ずみが至る所で目に付く。  長野市出身の宮本さんは、知人の出資者に誘われ、30代後半の頃にガムクリーン社に入社した。当時、正社員は宮本さんだけ。ガム清掃はボランティアが手作業でするのが主流で、予算を割こうという自治体は少なく、1年目の依頼は1件しかなかった。営業先で「ガムが付いていると転んでけがでもするのか」と聞かれたこともあり、「存在意義を否定された気持ちになった」と振り返る。  地道にガム除去の必要性を説いて回り、関心を示す人は徐々に増えた。今では年間100件以上の依頼が舞い込むようになった。  近年はアスファルトに代わり、ブロックやタイルで舗装された歩道が増えてきた。見栄えが良いだけに、汚れたまま放置されているのを見ると歯がゆい思いがする。「日本は箱物を作るのは得意だが、維持していくという意識は薄いのでは」  新型コロナウイルスの流行でマスク着用が増え、路上のガムは格段に減った。「除去作業を見せることが啓発にもつながる」。マスクを外す生活が戻っても、吐き捨てが減ることを願っている。

「痛かったろう、怖かったろう」 被害者長男、にじむ無念―狛江の高齢女性殺害

猫の頭?名前はまだない 出土品の愛称募集―福島・郡山

「闇バイト」投稿、警告1.5倍 甘言添えた勧誘急増―困窮の若者標的か・警視庁

GW明け移行、期待と懸念 観光地「遅い」と不満も―新型コロナ「5類」

利上げ幅、0.25%に縮小へ インフレ峠越える―米FRB

東京, 1月29日, /AJMEDIA/ 米連邦準備制度理事会(FRB)は1月31日と2月1日の両日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、金融政策を決める。約40年ぶりの高インフレが峠を越えたとの見方が強まる中、利上げ幅を前回の0.5%から0.25%へ一段と縮小する見通しだ。  米国のインフレはこのところ、低下基調が鮮明となっている。27日に発表された昨年12月の個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比5.0%上昇。伸び率はFRBが目標とする2%を依然大幅に上回るとはいえ、昨年6月(7.0%)のピークから鈍化傾向が続く。  FRBは昨年、インフレ抑制を目指し、上げ幅が通常の3倍となる0.75%の利上げを4会合連続で断行するなど、急ピッチの金融引き締めを推進。政策金利を事実上のゼロから、約9カ月で計4.25%引き上げた。FRBは利上げの影響が今後、実体経済に著しく表れると予想。利上げペースを緩め、景気やインフレの動向を見極める意向だ。  米景気は堅調さを保つが、利上げが徐々に響き始めている。昨年10~12月期の住宅投資は季節調整済み年率換算で前期比26.7%減と、ローン金利上昇を背景に、3四半期連続で2桁の落ち込みを記録した。昨年12月の個人消費支出も2カ月連続で減少し、景気を支えてきた個人消費の勢いにも陰りが見える。  FRBは景気後退リスクに配慮しつつ、インフレ再燃の兆候にも警戒姿勢を堅持する。ブレイナードFRB副議長は19日の講演で「インフレ率は依然として高い」と明言し、「物価安定の回復に取り組む」と強調した。

打倒プーチン氏、肖像画燃やす ロシア女性バンド新曲ビデオ

チェコ新大統領にパベル氏 元NATO高官

大統領「総選挙、今年末に前倒しを」 反政府デモ激化、国会は否決―ペルー

「極超音速ミサイル」迎撃できず 首都停電画策とロシア批判―ウクライナ

奈良 「富雄丸山古墳」を一般公開 盾形の青銅鏡や鉄剣出土

東京, 1月29日, /AJMEDIA/ 過去に例がないような盾のような形をした青銅の鏡や大きな鉄の剣が見つかった奈良市の古墳が一般公開され、発掘現場をひと目見ようと多くの考古学ファンなどが訪れました。 奈良市の「富雄丸山古墳」は、4世紀後半に造られた国内最大の丸い形の「円墳」です。 今回、盾のような形をした精緻な文様の青銅の鏡や、波打つような形をした長さ2メートルを超える鉄の剣などが見つかり、当時の技術力の高さや古墳の埋葬のあり方を考えるうえで貴重な資料になると注目されています。 発掘現場では28日と29日、一般公開が行われ、29日も朝から大勢の考古学ファンなどが訪れました。 鏡と剣は保存処理中のため見ることはできませんでしたが、出土した場所に模造品が置かれ、訪れた人たちは見学用に作られた1周200メートルほどのコースに沿って歩きながら発掘現場を熱心に観察したりカメラに収めたりして古代のロマンに思いをはせていました。 近くに住む50代の男性は、「トレジャーハンティングの映画のような場面を目の当たりにできてロマンを感じる。国宝になるくらい貴重なものだと思うので、いつか実物を見たいです」と話していました。 京都市から訪れた小学5年生の男の子は、「古墳が造られた4世紀は史料のない空白の時代なので、こうした発見から古墳時代の謎が解けると思う。考古学はいつ何が見つかるかわからないので面白いです」と話していました。

「新型出生前検査」日本医学会が妊婦向けの情報サイト開設

「電子処方箋」きょうから運用開始 “適切な服薬”に期待

新型コロナ オミクロン株“XBB.1.5”わかってきたこと

宇宙飛行士 若田光一さん 初の宇宙空間での船外活動が終了

「デジタル給与」半数が存在知らず、使いたいとの声も約2割–エン転職調べ

東京, 1月29日, /AJMEDIA/  エン・ジャパンは1月19日、総合求人サイト「エン転職」で実施した「デジタル給与」に関する調査レポートを公表した。調査期間は2022年11月28日~12月25日、調査対象はエン転職ユーザー1万2171人。 2023年解禁のデジタル給与、半数以上が知らないと回答  「給与を『〇〇ペイ』などデジタルマネーで受け取ることができる『デジタル給与』が、来年から解禁される見込みですが、内容をご存知ですか? 」との設問では、「知っている」との回答が48%(内容をよく知っている:6%、概要は知っている:42%)、「知らない」との回答が52%となった。  内容を知らないとの回答がもっとも多かったのが20代で、60%が知らないと回答した。もっとも認知度が高かったのは40代以上となった。 デジタル給与「利用したい」約2割–懸念の声も  「給与口座から『〇〇ペイ』へのチャージが不要になったり、手数料が減るなどメリットがある『デジタル給与』が解禁された場合、利用したいですか? 」との設問では、「利用したい」との回答は19%(とても利用したい:4%、利用したい:15%)にとどまった。  利用したいと回答した人は「家賃等までもし対応できるのであれば、デジタル化による手続きの簡略化は非常にありがたい。毎月お金の手続きや口座の移し替えなどは非常にストレスになっている。」(27才、男性)や「お財布を持たずにスマホだけで買い物に出かけられるから」(38才、女性)といった理由を挙げている。  一方、利用したくないと回答した人は「田舎では、現金のみでの決済の店が多いから。」(26才、男性)や「デジタル給与から現金化できればいいが、それができないのであれば現金のほうが良いと感じる。」(34才、女性)、わからないと回答した人は「家族の希望なども考慮する必要があるため。」(32才、男性)といった声を寄せている。

CAセガジョイポリス、「東京ジョイポリス」のチケット料金を値上げ–3月1日から

JR西、仕事スペースの予約決済サービス「+PLACE」を2023年春開始–全国の拠点が予約可能に

W杯配信で赤字転落も手応え「ABEMAの価値を飛躍させた」–サイバーエージェント決算

「Yahoo!ニュース」アプリ、気になる場所に印を付けるハイライト機能–iOS版のみ

グバノワが優勝 欧州フィギュア

東京, 1月29日, /AJMEDIA/  フィギュアスケートの欧州選手権は28日、フィンランドのエスポーで女子フリーが行われ、アナスタシア・グバノワ(ジョージア)が130.10点でショートプログラムに続いて1位となり、合計199.91点で優勝した。2位はルーナ・ヘンドリックス(ベルギー)、3位はキミー・レポント(スイス)。  ロシア勢は出場していない。

松山、今季初のトップ10 米男子ゴルフ

W杯振り返りがテーマ サッカー日本代表の森保監督が欧州視察へ

「救世主」に名乗り 3年ぶり復帰のアルモンテ―プロ野球・中日

14歳・張本美和、段違いのジュニア制覇 全日本卓球

米欧との関係一段と悪化 デモ強硬対応、風刺画問題も―イラン

東京, 1月12日, /AJMEDIA/ イランと米欧の関係が一段と悪化している。核開発やウクライナ侵攻を続けるロシアへのドローン供給を巡る対立に、イランで昨年9月に始まった抗議デモへの強硬対応が拍車を掛けた。仏メディアでの最高指導者ハメネイ師の風刺画掲載もイラン側の強い反発を招いている。  国営イラン通信によると、イランでスカーフの強制着用問題をきっかけに昨年9月に始まった抗議デモを巡り、これまでに4人の死刑が執行された。司法当局は4人が治安要員に危害を加えたと説明して正当化するが、米欧は「残忍な弾圧」(米国務省報道官)、「自国の若者を殺害する体制に未来はない」(ドイツのベーアボック外相)と非難した。  だが、AFP通信によれば、これまでに少なくとも17人がデモ関係で既に死刑判決を言い渡されている。イラン当局はデモ隊に心理的圧力をかけるため、今後も執行を続ける公算が大きい。  一方、今月4日付の仏風刺週刊紙シャルリエブドは、デモ支援の一環としてハメネイ師をやゆする風刺画を掲載。イラン政府は「侮辱的で下品だ」(アブドラヒアン外相)と怒りをあらわにしており、イラン国内では保守派の抗議行動も展開された。ハメネイ師は9日、米国や一部の欧州諸国がメディアなどを通じて「(イランの)人々を(デモに)駆り立てようとする」と主張した。  イラン政府は昨年、国内で深刻化する経済苦境の打開に向け、米国などによる制裁解除のための核合意再建への意欲を重ねて示してきた。しかし、年明けから関係悪化が進み、再建交渉で具体的な進展を図るのは困難な状況だ。

税の送金差し止めは「新たな戦争」 パレスチナ首相、イスラエルに反発

パレスチナへの税金52億円差し止め 占領巡る国連決議受け―イスラエル

アフガンで一部活動停止 女性排除で職員不足―国連・NGO

女性排除「約束反する」 タリバン非難声明―安保理

望海風斗「歌も踊りも楽しめます」 ミュージカル「ドリームガールズ」、演じるヒロインに共感

東京, 1月28日, /AJMEDIA/  「歌に比重がある作品ですが、そこに容赦なく踊りが入ってくる。耳からも、視覚的にも楽しめます」。元宝塚歌劇団雪組トップスターの望海風斗が、主演ミュージカル「ドリームガールズ」(演出・眞鍋卓嗣)の開幕を前に大阪市で取材に応じた。  望海が演じるディーナ・ジョーンズは、1960年代の米国で成功を夢見る3人組のコーラスグループ「ザ・ドリーメッツ」のメンバー。ショービジネスの世界を舞台に、「華やかな部分と、人間模様がいい感じに織り込まれた物語」が展開していく。  劇中には「ドリームガールズ」や「ワン・ナイト・オンリー」など、数々の名曲がちりばめられている。宝塚歌劇で歌に秀でた男役として活躍した望海にとっても、「魅力的なナンバーが多く、一曲一曲を仕上げていくのがすごく大変」だという。  物語の始まりは、ディーナが18歳前後の設定で、望海が親元を離れて宝塚音楽学校に入学した年齢とも重なる。「当時は先のことなんて分からず、とにかく自分のやりたいことを信じて突き進んでいたので、共感できます」  「ザ・ドリーメッツ」のメンバーで、後にたもとを分かつエフィ役は、福原みほと村川絵梨のダブルキャスト。望海は「村川さんのエフィは、ものすごくキュートで真っすぐ。歌に込められた心情が、ストレートに突き刺さる。福原さんは、歌い出した瞬間から引き込まれる声と、太陽みたいな温かさを持っている」と、それぞれの魅力を語った。  2月5日から14日まで東京国際フォーラムで上演。その後、大阪・梅田芸術劇場、福岡・博多座、名古屋・御園座で公演が行われる。

ジャスティン・ビーバーさん 291曲の著作権など売却 約260億円

東京ディズニーランド開園40周年 千葉県各地でパレード実施へ

アカデミー賞候補発表 黒澤明監督「生きる」原作の作品も

ベルリン映画祭に新海誠監督のアニメ「すずめの戸締まり」出品

アゼルバイジャンってどんな国?

東京, 12月27日, /AJMEDIA/ 2022年12月13日、日本の観光庁と観光協力に関する覚書を結んだアゼルバイジャン共和国。締結のために来日したナギエフ国家観光庁長官も参加したメディア向けのイベントに参加してアゼルバイジャンの魅力を伺った。 アゼルバイジャンってどんな国? ユーラシア大陸のコーカサス地方、カスピ海西岸にある国家で、東ヨーロッパと西アジアの交差点に位置し、東にカスピ海、北にロシア、北西にジョージア、西にアルメニア、南にイランに囲まれている。首都のバクーは、カスピ海西岸に突き出したアブシェロン半島南岸に位置し、市街はバクー湾に面するように広がった港町。バクーとはペルシア語で「風の街」という意味で、シルクロードの中継地として発展した。 アゼルバイジャンは、石油産業で潤ってきた国だが、観光、農業、IT技術などの産業の多様化を目指している。言語はアゼルバイジャン語のほか、英語、ロシア語、トルコ語。国民ほぼイスラム教だが他の宗教も認めている。日本から行くには、ターキッシュエアライン、エミレーツ、カタール航空などを利用してドバイまたはイスタンブール経由が便利。ドバイやイスタンブールからバクーへは空路で2時間ほど、毎日7~8本の路線が運航されている。 アゼルバイジャン共和国によるお薦めアクティビティ バクー旧市街で朝食 シェキ旧市街散策 古代の教会を訪問 ヒーリングオイルを浴びる お茶の文化に触れる バクーの現代的な建造物鑑賞 アゼルバイジャンの新酒を味わう 悠久の時を刻む山間の村々をハイキング 新鮮な農産物の香りが漂う伝統的なバザールは食品ショッピングスポット。特にヤシル・バザール(アゼルバイジャン語で緑のバザール)はバクー最大の食品バザールで、有機野菜、ハーブ、スパイス、ナッツ、ドライフルーツ、ジャムなどの地元特産品や、キャビアやサフランなどの郷土料理も並んでいる。 首都バクーから車で5時間の距離にある歴史都市シェキとシェキハーン宮殿は、ユネスコ世界遺産に登録されている。シェキ市はアゼルバイジャンで最も美しい町の一つで、石畳の道と中世の建築物があり、活気ある首都から離れた牧歌的な雰囲気が漂う。東西を結ぶ古代の貿易路シルクロードの重要な目的地で、19世紀には絹織物生産の国際的な中心地となった。シェキハーン宮殿はアゼルバイジャンで最も貴重な歴史的建築物の一つとして、豪華な装飾はシェベケの芸術の傑作。 また、アゼルバイジャンには、ゴブスタンの岩絵の文化的景観(2007年)、シルヴァンシャー宮殿と乙女の塔があるバクーの城壁都市(2000年)など、他にもユネスコ登録遺産がある。加えて、アゼルバイジャン・カーペットはユネスコの無形遺産の傑作に認定されている。 2022年11月28日にトルコとアゼルバイジャンの「アイデンティティ、もてなし、社交の象徴であるチャイ(茶)の文化」がユネスコの人類無形文化遺産の代表リストに登録された。アゼルバイジャンでは、お茶は温かさと結びついており、お茶を一緒に飲まずに客人を帰らせてはいけないという伝統がある。

アゼルバイジャン、日本と観光交流で協力 初の商談会で誘客に意欲

アゼルバイジャンの観光ポテンシャルを日本でPR

アゼルバイジャン共和国観光局観光セミナー&ディナーレセプション

全国旅行支援、東京も開始 20日から47都道府県に

偉大なる指導者ヘイダル・アリエフを偲ぶ写真展が東京で開催さ れた

東京, 12月10日, /AJMEDIA/ 12月9日、在日アゼルバイジャン大使館にて、国家指導者ヘイダル・アリエフの思い出に捧げる写真展が開催さ れた。 大使館職員、日本のマスコミ関係者、アゼルバイジャン人コミュニティーのメンバーがこのイベントに参加した。 AJMEDIAによると、グルセル・イスマイルザデ駐日大使は、偉大なる指導者ヘイダル・アリエフの生涯と豊かな政治家としての活動について報告した。1969年にアゼルバイジャン共産党中央委員会第一書記に選出されたヘイダル・アリエフは、後進国であったアゼルバイジャンを短期間で旧ソ連邦の中で最も先進的な共和国にした、と述べた。彼の指導の下、新しい工業企業が建設され、農業の分野では前例のない成功を収めた。 独立回復後、1993年に国民の強い要望で政権に復帰した大指導者は、アルメニアによる占領の進行を短期間で阻止し、国内の混乱を解消し、荒廃したアゼルバイジャン経済の回復に成功した。その努力の甲斐あって、アゼルバイジャンの豊富な炭化水素埋蔵量は国際コンソーシアムによって世界市場にもたらされ、ヨーロッパ諸国へのエネルギー源供給という重要な役割を担うことになった。アゼルバイジャンは、国際社会で評判の良い、信頼できるパートナーとして認識されている。国家指導者ヘイダル・アリエフの成功した開発戦略は、今日、イルハム・アリエフ大統領によって成功裏に実行されていることが強調された。 日本の権威ある雑誌「Pavone」の編集長である松田晃氏は、AJMEDIAの特派員に偉大な指導者ヘイダル・アリエフについての感想を述べた。「ヘイダル・アリエフは、アゼルバイジャン民族の歴史において、かけがえのない役割を果たした。この偉大な人物の努力のおかげで、アゼルバイジャンは重要な成功を収め、地域の指導的国家となり、国際社会で大きな評判を得ることができました。この天才の親愛なる思い出は、アゼルバイジャン国民とアゼルバイジャンの真の友人たち双方の記憶の中に永遠に生き続けると確信している。」 会場では、国家指導者の豊かで多面的な活動を紹介するフィルムが上映さ れた。 写真展は12月13日まで開催される予定だ。