中国に「日本の立場」主張を 奥山真司・国際地政学研究所上席研究員―日中国交正常化50周年

東京, 9月24日, /AJMEDIA/  50年前に国交正常化した日中は2国間の関係だけでなく、国際環境の変化に大きく影響されてきた。地政学者の奥山真司・国際地政学研究所上席研究員に過去50年と今後の日中関係について聞いた。  ―国交正常化に当たり大平正芳外相(当時)は「50年後は中国が経済発展し、日本を見下す」と予想していた。日本が中国の大国化を支援したことは得策だったのか。  今も昔も日中関係は大国の関係に影響される。50年前はソ連の存在が大きかった。当初、米国はソ連という強大な敵を倒すことを優先し、中国を甘やかした。日本も米国に従って中国を支援した面がある。過去50年の中国の経済成長で日本に利益があったことも否定できない。  ―現在の中国が置かれている国際的な状況をどう見るか。  国際政治では、最も強い国と2位の国で仲が悪くなる例が多い。そして、1、2位の国はそれぞれ3位の国と協力して優位に立とうとする。米国と対立する中、中国は3位である日本と関係を強めるべきだが、できていない。国際政治の力学を理解していないのだろう。  ―中国は日本を米国の「属国」と見なし、軽視しているのではないか。  非常にまずい。中国は2位になり、自制が効かなくなっている。傲慢(ごうまん)さは戦争につながりやすい。ナショナリズムの盛り上がりも怖い。一方で、中国は高度経済成長が終わり、人口減少などの問題に直面している。新興の大国が没落する時、恐怖に駆られ外に向けて冒険的な行動をすることが多い。台湾をめぐる緊張は高まるだろう。  ―今後50年の日中関係は。  中国の混乱に日本は振り回される。日中関係は米国の動向にも大きく影響される。中国の意向を忖度(そんたく)し、日本が「清く正しい」ことをしていれば良いという考え方があるが、それだけではだめだ。しっかり日本の立場を主張しないといけない。安倍晋三元首相が取り組んでいたことだが、「こんなことをしていると米国と戦争になる。やめた方がいい」と中国に伝えたり、インド、オーストラリアなどと連携したりして、中国を「操作」しようとする努力が日本にはもっと必要だ。

国連憲章の支持確認 安保理改革推進へ―日米豪印外相

中国の覇権主義、大平外相が予言 「低姿勢、50年後変わる」―日中国交正常化

太平洋島しょ国へ支援強化 中国念頭、初の外相会合―日米英豪など

太平洋島しょ国へ効率的な支援 日米欧、初の外相会合

見通せぬ未着工区間 国と佐賀県、協議曲折―西九州新幹線

東京, 9月24日, /AJMEDIA/  23日開業した西九州新幹線の武雄温泉(佐賀県武雄市)―長崎(長崎市)間は、新幹線では全国最短の66キロとなった。残る約50キロは、佐賀県内で未着工の新鳥栖(鳥栖市)―武雄温泉間。国と佐賀県は整備方式をめぐり協議しているが、議論は平行線をたどり、着工は見通せない。  佐賀県は、新幹線が通れば在来線特急の本数が減るなどとして利便性低下を懸念。標準的な「フル規格」で新幹線を新規整備すると地元の財政負担も増えるとして、国に在来線の線路活用を求めてきた。  そこで国は、線路幅の異なる新幹線と在来線を両方走れる車両「フリーゲージトレイン」(FGT)の導入を計画。走行試験も行ったが、技術や費用面で開発困難として2018年に断念した。  これを受け、国と佐賀県は20年6月から、整備の在り方を話し合う「幅広い協議」を始めた。今年2月までに6回開いたが、フル規格を推す国と、FGTの再検討を求める県の双方が納得できる方向性は得られていない。  斉藤鉄夫国土交通相は今月20日の閣議後記者会見で、未着工区間がフル規格で整備されれば他の新幹線ともつながり「観光振興やまちづくりなどで大きな効果が表れる」と強調。「FGTは現実的ではない」(国交省幹部)として、粘り強く働き掛ける意向だ。  山口祥義知事は7日に県議会で「フル規格を議論するなら過去の延長線上ではなく、大きな発想、新たな着想で着地点を見いだすことも必要だ」と指摘。フル規格の論議を閉ざさない姿勢を示すが、次回協議の日程、テーマは未定の状態だ。

トヨタ、ロシア生産撤退 ウクライナ侵攻で供給網混乱

SMBC日興、勧告・処分へ 相場操縦、一部業務停止も―監視委・金融庁

水際緩和を歓迎、来月増便へ 全日空社長

NY円、142円台前半

国葬賛否、ネットでも白熱 デジタル献花や反対署名―安倍氏、死後も議論呼ぶ

東京, 9月24日, /AJMEDIA/  安倍晋三元首相の国葬に賛否が割れる中、インターネット上でも賛否を表す動きが拡大している。中止を求めるオンライン署名が活発化する一方、「デジタル献花」で安倍氏に弔意を示すサイトも登場した。憲法改正や集団的自衛権の行使容認など世論を二分する政策に取り組んだ安倍氏が、死後もなお国民の間で議論を呼んでいる格好だ。  20~30代の有志が中心となって始めた「安倍元総理デジタル献花プロジェクト」では、8月25日からネット上で「献花」の受け付けを開始した。サイト上で菊やユリなど花のイラストを選び、メッセージを書き込むことができる。「長い間お疲れさまでした」「日本を見守っていてください」などの声が多く寄せられている。今月22日時点で13万人超が参加した。  取材に応じた発起人の男性(39)は「弔意を示したくても示せない人もいるのでは」と考えたのがきっかけで始めたという。「(反響の大きさに)驚いている。思いがつながっていく場になったのではないか」と語った。  一方、上野千鶴子東京大名誉教授らが呼び掛け人に名を連ねた国葬反対の署名活動は、ネット署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」で8月23日からスタートした。賛同者からは「法的根拠のない国葬には反対」「費用をコロナ禍で大変な思いをしている人に使うべきだ」などのコメントが相次いだ。9月5日には、他の三つの反対キャンペーンと合わせた約40万筆(重複を除くと約28万筆)を内閣府に提出した。事務局の担当者は「水が広がるように反対の声が続いている。ここまでとは思っていなかった」と驚いた様子だった。  政治とメディアに詳しい東京工業大の西田亮介准教授(社会学)は、安倍氏が憲政史上最長の8年8カ月首相を務めるなど「いろいろな意味で存在感がある政治家だった」としつつ、「投票に行かない層には安倍氏を良く思っていない人も多い。賛否が分かれる存在だったことも大きいのではないか」と盛り上がりの理由を分析する。  その上で、演説中に銃撃され死亡するという安倍氏の衝撃的な最期や、岸田文雄首相が国葬実施を短期間で決断したことが、国民の間に強い感情を呼び起こしたと指摘した。

警備の「穴」、偽バッジで露呈 対策強化呼び掛け―警視庁

官公庁など6施設に侵入か 国会や農水省、未遂も―偽議員バッジ事件

台風15号、温帯低気圧に 静岡で土砂崩れ、1人死亡

野田秀樹さん作品、ロンドン公演 シェークスピアとクイーンの母国で

米国務長官、中国との対話維持模索 外相会談、王氏は台湾めぐり批判

東京, 9月24日, /AJMEDIA/ ブリンケン米国務長官は23日、国連総会に合わせて訪米している中国の王毅国務委員兼外相とニューヨークで会談し、不測の事態回避に向けて米中が対話を維持する必要性を協議した。ブリンケン氏は、緊張が高まる台湾海峡の平和と安定の維持に取り組むと強調した。  国務省が発表した。ペロシ米下院議長が8月に台湾を訪問した後、米中外相の会談は初めて。ロイター通信によると、会談は約90分間行われ、米政府高官は、双方のやりとりについて「率直だった」と説明した。  中国国営新華社通信によると、王氏は台湾問題をめぐる米側の「最近の過ち」を重点的に批判。中国が侵攻すれば台湾を防衛する意向を示したバイデン米大統領の発言を念頭に「非常に誤った危険なシグナルを発した」と非難し、「台湾問題は中国の内政であり、どの方法で解決するか米側に口出しする権利はない」と主張した。一方で双方は、今回の会談が「率直かつ建設的だった」との認識を共有し、意思疎通を保つことで合意した。  バイデン氏と中国の習近平国家主席は7月の電話会談で、対面会談実現への調整を進めることで一致。外相会談では、11月にインドネシア・バリ島で予定される20カ国・地域首脳会議(G20サミット)などに合わせた首脳会談開催に向け、地ならしを行った可能性もある。

ロシア編入「賛成9割」発表へ 結果ありきの「住民投票」―ウクライナ

国連総会外交に厳しい評価 米との会談不発、保守紙も苦言―韓国大統領

ハリス米副大統領、岸田首相と会談へ 国葬出席、台湾情勢も協議

南シナ海、航行の自由支持 米比首脳が初会談

東大「メタバース工学部」開講式 オンライン講座など提供へ

東京, 9月24日, /AJMEDIA/ インターネット上の仮想空間=メタバースなどのデジタル技術を駆使して、中高生や社会人向けに、大学の講義をもとにしたオンライン講座などを提供する取り組みを東京大学の工学部が始めることになり、開講式がメタバース上で行われました。 東京大学工学部の取り組みは「メタバース工学部」と名付けられ、メタバースなどのデジタル技術を駆使して、中高生や社会人向けに大学の講義の内容をもとにしたオンライン講座などを提供することにしています。 23日は東京大学の安田講堂を再現したメタバース上の空間で開講式が行われ、受講者や招待客などがバーチャルの分身、アバターで参加しました。 このなかでは、受講者を代表して情報工学に関するプログラムを受講する高校2年生の林蔚欣さんが浴衣を着たアバターを使ってスピーチを行ったほか、イベントに招待された能楽師が専用の機器でアバターを操作して能の舞を披露しました。 東京大学工学部はメタバースの強みを生かして、年齢や性別、地域に関係なく参加できる新しい学びの場となることを目指していて、研究室を見学するツアーや女性研究者のロールモデルを紹介する企画なども用意し、工学分野に進む女子学生の増加などにもつなげたい考えです。 文部科学省によりますと、中高生や社会人向けに大学の講義と同様の内容をメタバースを活用ながら学べる機会を提供する取り組みは、全国的に珍しいということです。 林さんは「大学生と一緒に学べると思うととても刺激的です。技術系のスキルを学ぼうと思っても年齢制限でカットされることが多かったのですが、高校生でも気軽に参加できるので、この機会に頑張って技術を習得したい」と話していました。 専門家「メタバース利用することで新しい世界を知る機会に」 仮想空間=メタバースを教育分野に活用する動きが広がっていることについて、専門家は「メタバースを利用することでさまざまな人とフラットに交流することができ、新しい世界を知る機会になる」と話しています。 メタバースの教育への活用に取り組んでいる東京大学バーチャルリアリティ教育研究センターの雨宮智浩准教授はメタバースを活用する効果について、本人に代わってバーチャルの分身、アバターを活用して交流する点に注目しています。 雨宮准教授は「アバターを使うことで自分の偏見や先入観を排除してさまざまな人たちとフラットに交流できるのがメタバースの特徴だ。さまざまな人と広く交流しながら、性別、国籍、年齢、立場を超越して、もう一度新しい人間関係を作り直すとか、そこで新しい文化や社会を知る機会になる」と話しています。 さらに「例えば歴史を教えるときに織田信長のアバターを作って授業を行うなど、授業内容に合わせてアバターを変えるときっと楽しいだろうし、教育効果が期待できる」と述べ、授業を行う側もアバターを活用することで、効果的な授業が行えるとしています。 メタバースの教育分野への活用は新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、オンラインによる授業が普及したこともあり国内でも徐々に広まっていて、経験する機会が減った実験や実習など体験を伴う学びの機会を補完する役割も期待されています。 雨宮准教授は「VRゴーグルをかけたとき、自分が見ているものが現実世界と同じように枠のないものが見えるので、自分事として高い質の体験が得られ、教育だけでなく社会人に対しても訓練や研修で活用できる」と話していました。 メタバースで子どもたちがICT競うコンテストも 全国の子どもたちがICT=情報通信技術を使った学習の成果を競うコンテストが仮想空間=メタバース上で開かれ、分身の「アバター」を操作して交流を楽しみました。 このコンテストは、子供向けのICT教育の学習塾を経営する会社が、新型コロナウイルスの影響で失われていた子どもたちの交流の機会を取り戻そうとインターネット上の仮想空間、メタバースで初めて開きました。…

博物館などで古文書食べる害虫「シミ」相次いで発見 外来種か

「はやぶさ2」小惑星で採取のサンプルに1滴の炭酸水を発見

ノーベル賞 “有力候補に日本人3人” 英学術情報会社が発表

「ヤンバルクイナ」など飛べないクイナ類 “賢い可能性高い”

現実とバーチャルが交差する–メタバースで美術館を開催して感じた芸術の新しい楽しみ方

東京, 9月24日, /AJMEDIA/  多くの日本人にとって、芸術や美術館という存在は、生活からは少し離れた世界という印象だろう。有名な作家や有名な作品、あるいはSNS映えしそうなデジタルアートなどであれば、見に行きたいという人も多いが、一般的には休日にわざわざ知らない人の展示会や美術展などに足を運ぶ人は少ない。一方でアーティストにとっても、個展を開く際に画廊にかかる費用や、作品の輸送費などで生活が圧迫され、なかなか作品制作に集中できないという状況も珍しくない。  そういったなかで、メタバース上で行われる展示会などにも注目が集まっている。筆者である齊藤自身もメタバース上での美術展示会の開催や開発を行ってきた。そこで今回は、経験者として、メタバースによってどのように芸術や展示会に影響するかについて見ていきたい。 メタバースで変わるキュレーションの形  「キュレーション」という言葉は、最近ではいろいろな場面で使われる。 画家の作品の中から、展示会に出品するものを選ぶときにも使われれば、コンセプトストアで売る商品を選ぶこともキュレーションと言うこともある。その場合、意味の幅が広くなりすぎてかえってわかりにくくなり、混乱を招くという問題が起こりうる。  現代社会で、キュレーションという言葉の応用範囲が広がってしまうことは仕方がないことかもしれない。なぜなら昔に比べて、現代は大量の情報に溢れているからである。見るべき画像や取り入れるべき知識もとてつもなく多いのだ。21世紀の生活には、大量の情報のうちどれがより重要なのかを判断して提示する仕事が不可欠となる。情報の数を減らし、十分対応できるようにする、それもキュレーターの役目である。  かつてキュレーターといえば、博物館や美術館などの場所に入れる物を選ぶ人のことを指していた。しかし、現代のキュレーターの仕事はそれにとどまらない。複数の異なった文化の接触を促すこと、物事の新しい見せ方を考えること、物事の意外な組み合わせを考え、それまでにない何かを生み出すこと。これら全てが今後のキュレーターの仕事になるのではないかと筆者は思う。  グローバリゼーションがある程度の段階まで進むと、世界が均質化してしまう危険があると同時に、それに対抗するような動きも起きる可能性がある。人々が自分たちの文化の中に引きこもって外の世界を見ようとしなくなるという感じだ。  また、展示はひとつの場所で実施するだけでなく、同じ展示を世界中で実施する必要性も高くなってくる。そうなると、展示物を箱に詰め、ある街から別の街まで運び、また箱を開けて展示物を並べる……、その繰り返しになってしまいがちだ。これは、グローバリゼーションによる均質化とも言えそうだが、メタバースで行う展示会では場所に応じた展示ができるという点で、表現においてもコスト面においても、メリットは多い。また、上記したように、複数の異なった文化の接触を促すことや、物事の新しい見せ方を生み出すという点においても、自由に世界を構築できるメタバースでは効果を発揮する。その土地の環境や作品の背景をよく知り、それに合わせた展示をメタバース空間内で容易に変化させるのである。  美術の展示会は、しばしば異文化交流としても活用される。ある国や土地の文化を知ってもらうために、他国の人に作品を見てもらうことで、異文化の人々は、歴史や背景、芸術的観点などに触れることができる。  実際に筆者も画家である植村友哉さんとVRChatでVR美術館と個展の開催をこれまで行ってきた。植村友哉さんはオセアニアにあるパラオ共和国との関係が深く、パラオをテーマとした絵を描くことを得意としている。そのため、パラオの風景画や彼のパラオに対する思いの詰まった作品を、メタバース上でパラオっぽい空間に展示することで、より広い表現と没入感を生み出している。また、その空間には、パラオ人作家の作品も展示しているため、日本にいながらパラオの作品も楽しむことができるのだ。  メタバースで展示空間を作るメリットとしては、もちろんリアルギャラリーへ出展する高い費用を少し抑えられるという点もあるが、作品に合わせて展示空間をデザインすることができるということが大きい。  パラオは綺麗な海に囲まれた美しい国で、植村友哉さんの作品もパラオの風光明媚さを実にうまく表現されているので、型の決まった展示空間よりも、海外の空間や海の中などに展示することで、より楽しみ方が広がる。また、現在筆者が観察している限りでは、訪問者全体の2割程度は海外の方なので、異なった文化の接触を促すことにも成功していると言える。既存の美術館の見せ方から離れ、新しい物事の見せ方を通じ、それまでにない新しい体験というものを提供できるのも、メタバースの展示会ならではなのではないだろうか。

フォード、死角に入った歩行者を警告するシステム–歩行者のスマホと自動車がBLEで通信

Metaやグーグルで従業員の配置転換の動き–コスト削減の一環で

YouTube、「ショート」の広告収益をクリエイターに分配–2023年初頭から

開発中の「グランド・セフト・オートVI」の映像が流出–不正アクセスが原因

フェデラー、涙の花道 盟友ナダルと魅了―男子テニス

東京, 9月24日, /AJMEDIA/ 男子テニスで四大大会シングルス通算20度優勝のロジャー・フェデラー(41)=スイス=が23日、ロンドンで開幕したレーバー・カップのダブルスで現役最後の試合に臨んだ。同22度制覇で長年のライバルだったラファエル・ナダル(スペイン)と組んでプレー。「完璧な旅だった。もう一度、全てをやりたい」と大粒の涙を流して語った。  妻と家族が見守る中、欧州選抜の一員として世界選抜のジャック・ソック、フランシス・ティアフォー組(米国)と対戦。巧みなボレーや鋭いサーブで沸かせ、ネットの隅の穴を通す「スーパーショット」も披露。惜敗したが、花道でも美しいテニスで魅了した。  近年は膝の故障に苦しみ、今夏に引退を決断。試合後は総立ちの観客から喝采と「ロジャー」コールを浴びた。自身と共に「ビッグ4」と呼ばれたナダル、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マリー(英国)と抱擁を交わした。  「私は幸せだ、悲しくない、とみんなには言った。素晴らしい一日だった」。鳴りやまない拍手に包まれながら、ウィンブルドン選手権を男子で最多の8度制した「芝の王者」がコートを去った。    ◇今夜は忘れられない  ラファエル・ナダル 素晴らしい瞬間だった。全てが特別だった。今夜は忘れられないものになった。ロジャー(フェデラー)は、私の人生の重要な瞬間に隣や前にいてくれた。

松山組敗れる 米国選抜が初日リード―プレジデンツ杯ゴルフ

得点へ強い意欲 新天地で苦しむ南野―サッカー日本代表

大谷、六回に右前打 米大リーグ

ウクライナカラーの腕章着用へ ポーランド代表レバンドフスキ―W杯サッカー

米政府、イラン風紀警察トップに制裁 スカーフ女性死亡で責任追及

東京, 9月23日, /AJMEDIA/ 米政府は22日、女性の服装を取り締まる風紀警察のトップらイラン高官7人を制裁対象に追加指定したと発表した。イラン西部出身の女性が、頭部を覆うスカーフを適切に着用していなかったとして警察に逮捕された後、死亡した事件などに関与したとしている。米国内の資産が凍結され、米国人との取引も禁止される。  イエレン財務長官は声明で、女性の死亡について「治安部隊による自国民への残虐行為の一つだ」と指摘。「この不当な行為を最も強い言葉で非難し、女性に対する暴力や(抗議)集会への取り締まりを終わらせるようイラン政府に求める」と述べた。  米政府が制裁対象に指定したのは、風紀警察トップのほか、ハティブ情報相ら。ハティブ氏については、深刻な人権侵害に関与してきたと断じた。イラン各地では女性の死亡に抗議するデモが続いており、死者は30人を超えたとされる。

パレスチナで暴動、1人死亡 ハマスメンバー拘束に反発

タリバン、米国人技師解放 部族指導者と「交換」―アフガニスタン

上海協力機構首脳会議がウズベキスタン・サマルカンドで開催  互いに依存しあう世界における対話と協力

アフガニスタンについて話し合う場としてのタシケント

沈むアニメ聖地を見過ごせない

東京, 9月23日, /AJMEDIA/ 「聖地がこれ以上荒れるのは辛いよ」 今月、台風14号が九州を北上し、列島を縦断した際のツイートです。こうした災害の危機が高まるたびにアニメファンの間では好きな作品のロケ地の被災を心配する声がSNSで相次ぎます。 たとえ遠く離れた場所の災害でもファンにとっては自分事。 今回は「アニメ×防災」をテーマに、埼玉や東京を舞台にしたあの人気アニメ聖地のリスクを映像化してみました。 幼いころから妖怪が見える高校生の夏目貴志が妖怪との出会いや別れの中で、「大切なもの」を見つけていくアニメ「夏目友人帳」のワンシーンです。 背景に映る印象的な橋は、今月の台風14号でも氾濫が危ぶまれた、熊本県人吉市の球磨川にかかる「天狗橋」がモデルとされています。

文科相と新潟県知事 「佐渡島の金山」世界遺産登録へ協力確認

なんだ?これは!タローマンである!

藤子不二雄Aさん 亡くなる1週間前 出版社に送った原稿が公開

「世界文化賞」 日本の建築家ユニット「SANAA」など選ばれる

宿泊施設のメニュー開発支援 地域食材を活用―観光庁

東京, 9月18日, /AJMEDIA/  観光庁は2023年度、旅館やホテルを対象に地域の食材を使ったメニューの開発を支援する方針だ。新型コロナウイルス収束後の旅行客数の回復を見据え、宿泊施設の食の魅力向上を後押しする。同年度予算概算要求に新規事業として5700万円を盛り込んだ。  料理をセールスポイントにしたい宿泊施設を公募。集まった事業者を対象にイベントを開き、その地域で親しまれている食材や旬の農産物を活用したメニューづくりについて、都会のレストランで働く一流シェフが助言する。  観光庁によると、宿泊施設は、地域の観光産業や旅行消費の核となる存在だが、食の魅力向上に積極的に取り組む事業者は少ない。地域の食材を有効活用できていないケースが多いという。  そこで同庁は、地域食材を生かした料理の提供に力を入れている事例の収集にも乗り出す。他の宿泊施設が参考にできるよう、情報を発信する考えだ。  同庁は、食事を楽しみたいと考える旅行客のニーズに対応できる宿泊施設を増やし、滞在期間の拡大や観光消費の増加を目指す。地域食材の活用を促すことで、生産者の所得向上など地域経済の活性化にもつなげたい考えだ。

水族館のぺンギン施設が人気 仙台市

書き入れ時に「第7波」 対策再徹底も客足に不安―外食・旅行

都民観光支援、月末で中断 行動制限は求めず―東京都

来館者、50万人に到達 国立ハンセン病資料館―東京