維新 万博会場予定地を視察 “党として機運醸成に努める”

東京, 03月05日 /AJMEDIA/ 日本維新の会の馬場代表は、大阪・関西万博の会場予定地を視察し、党として万博の意義など情報発信を強め、機運の醸成に努める考えを示しました。 日本維新の会の馬場代表や藤田幹事長ら党所属の国会議員40人余りが4日、大阪・関西万博の会場予定地を訪れ、工事の進捗(しんちょく)状況を視察しました。 馬場氏らは、万博のシンボルとなるリング型の木造建築物「大屋根」の上から会場全体を見渡し、博覧会協会の担当者から、工事の遅れが課題となっている海外の参加国が自前で建設する海外パビリオンも、一部で工事が始まっていることなどの説明を受けました。 このあと、馬場氏は記者団に対し、「今後、順調に工事が進むことを期待したい。子どもたちが万博のパビリオンを見ることで、将来への夢や希望を持ってもらえると実感したので、党として、あらゆる機会を通じて情報発信し、機運醸成につなげたい」と述べました。

参院予算委で新年度予算案審議 政治資金や地震対応などで論戦

自民 茂木幹事長 みずからの政治団体の会計“適切に処理”

岸田首相 拉致被害者家族会と面会 “自分自身の手で解決する”

自民 政治資金問題 参院政倫審めぐり各党幹部が議論 日曜討論

北陸新幹線 金沢~敦賀間開業へ「1番列車」の運転士ら意気込み

東京, 03月05日 /AJMEDIA/ 北陸新幹線の金沢・敦賀間の開業まで2週間を切る中、開業日当日の「1番列車」の運転士と車掌が4日、福井県敦賀市で意気込みを語りました。 今月16日に開業する北陸新幹線の金沢・敦賀間の1番列車は ▽上りが敦賀駅を出発する「かがやき502号」 ▽下りが金沢駅を出発する「つるぎ1号」になります。 開業まで2週間を切る中、1番列車の運転士と車掌合わせて4人が4日、JR敦賀駅の新幹線ホームで報道関係者の取材に応じ、当日に向けた意気込みを語りました。 このうち「かがやき502号」の運転士で福井県おおい町出身の浦松義幸さんは「北陸新幹線の運転士になる夢がかない、かつ、1番列車の運転士を務められるのは感謝の気持ちでいっぱいです。乗客の皆さんには新北陸トンネルを出た後の敦賀の町並みの景色を楽しんでほしい」と話していました。 また、能登半島地震で大きな被害を受けた石川県珠洲市出身で「つるぎ1号」の運転士を務める新谷均さんは「被災地の人たちに北陸新幹線の金沢・敦賀間の開業が明るいニュースとして届けばうれしく思います。北陸が盛り上がることを日本全体の人が期待していると思うので、そこに自分が貢献できるよう一生懸命頑張りたい」と話していました。

富士山 山梨県側から登山 1人2000円の通行料支払い義務化へ

生体肺肝同時移植手術“世界初の成功”京都大学医学部附属病院

つらい気持ち抱える人へ ネット上の「かくれが」話題に

兵庫 西宮 住宅全焼3人の遺体 住人の高齢親子と連絡取れず

米連邦最高裁 トランプ氏の立候補資格認める コロラド州予備選

東京, 03月05日 /AJMEDIA/ アメリカ大統領選挙で返り咲きを目指すトランプ前大統領の立候補資格を巡り、連邦最高裁判所はトランプ氏に西部コロラド州の予備選挙に立候補する資格がないとした、州の裁判所の判断を覆し、立候補を認める判断を示しました。 アメリカ西部コロラド州の最高裁判所は去年12月、3年前の連邦議会への乱入事件を巡りトランプ前大統領が反乱に関与したと認定し、国に対する反乱に関与した公務員が国や州の職に就くことを禁じた憲法の規定に基づき、大統領選挙に向けた州の予備選挙に立候補する資格はないとする判断を示しました。 トランプ氏はこれを不服として上訴していました。 これについて連邦最高裁判所は4日、「州には大統領や連邦政府の職員についてこの憲法の規定を行使する権限はない」などとして、コロラド州の裁判所の判断を覆しトランプ氏の立候補を認める判断を示しました。 9人の判事全員の一致した判断です。 判断ではトランプ氏が連邦議会への乱入事件に関与したのかなどについては触れられていません。 最高裁の判断を受けてコロラド州の州務長官は翌5日のスーパーチューズデーに行われる州の予備選挙にトランプ氏の立候補を認めるとの声明を発表しました。 有力紙ニューヨーク・タイムズによりますと、全米の少なくとも36の州で同様の訴えや申し立てが裁判所や州務長官などに対して行われていて、今回の最高裁の判断はこうした州にとっても今後の対応の指針になるとみられています。 トランプ氏「アメリカのための大きな勝利だ」SNSに投稿 トランプ前大統領は連邦最高裁判所の判断が示された直後、SNSに「アメリカのための大きな勝利だ」と投稿しました。 トランプ氏が謝意「非常に重要な判断だった」 トランプ氏は4日、連邦最高裁判所の判断が示されたあと、南部フロリダ州の自宅「マー・アー・ラゴ」で記者会見し「最高裁判所の判事全員が一致した判断を示したことに感謝したい。非常に重要な判断だった」と述べ、謝意を示しました。 また、トランプ氏は3年前に起きた連邦議会への乱入事件をめぐってみずからが「在任中の大統領としての行動は刑事責任に問われない」と免責特権を訴えていることに言及し「もし、免責がなければ、大統領は存在しないことになる。なぜなら、誰も決断する勇気を持つことができないからだ」と述べ、訴えを認めるよう改めて求めました。 原告団「トランプ氏勝利を示すものでは決してない」 連邦最高裁の判断を受けて原告団は声明を発表し「最高裁はトランプ氏について、反乱に関与した疑いを晴らさなかった。トランプ氏の立候補について法的な解釈でのみ判断していて、トランプ氏にとって勝利を示すものでは決してない」としています。 また、原告団の代表は声明の中で「トランプ氏の反乱への関与に疑義を示した判事は誰もいなかった。それがすべてを物語っている。トランプ氏が連邦議会乱入事件を率いたのは間違いなく、責任追及はアメリカ国民にかかっている」としています。

中国 きょうから全人代 経済成長率の目標水準の設定など焦点

トランプ氏 指名獲得の流れ決定づけるか スーパーチューズデー

中国海警局の船 台湾海峡の「中間線」付近で位置情報を発信

米韓軍事演習きょうから開始 北朝鮮のミサイル発射などに警戒

福島第一原発の処理水 海に放出 差し止めなど求める裁判開始

東京, 03月05日 /AJMEDIA/ 東京電力福島第一原発にたまる処理水を薄めて海に放出していることについて、福島県などの住民や漁業関係者が差し止めなどを求めている裁判が4日から始まり、原告の1人は「私たち漁師が求めているのは海を汚さず、漁業を続けていけることだ」などと意見を述べました。 13年前に事故が起きた福島第一原発では、廃炉作業の過程でたまり続ける放射性物質を含む処理水について政府の方針決定を受けて、去年8月から基準値を下回る濃度に薄めて海に放出する作業を開始しています。 今回の裁判で、福島県内外の住民や漁業関係者など363人は、国と東京電力に対し、福島県漁連と結んだ「関係者の理解なしにいかなる処分も行わない」という約束に反し、住民が平穏に生活する権利を侵害しているなどとして、国の原子力規制委員会による放出計画の認可取り消しと放出の差し止めを求めています。 4日、福島地方裁判所で始まった裁判では、原告の1人で福島県新地町の漁業者 小野春雄さん(72)が意見を述べ「放射性物質を薄めて流せばよいという問題ではない。私たち漁師が求めているのは海を汚さないこと、そして放射能汚染に悩まされず、早く廃炉が無事に終わり、漁業を続けていけることです」などと主張しました。 これに対し国側の代理人の弁護士は「処理水の放出は公益に資するもので個人の利益が侵害されるおそれはない。裁判は速やかに却下されるべきだ」と主張しました。 原告の1人「子孫に迷惑 海はゴミ箱ではない」 原告の1人として、4日の法廷で意見を述べた福島県新地町の漁業者 小野春雄さん(72)は、裁判のあとの会見で「海に処理水を延々と流せば子孫に迷惑がかかり、なりわいを引き継ぐことができない。国の説明は不足し、処理水の放出に関連する作業ではトラブルも起きていて、この先に不安を感じる。海はゴミ箱ではないので、放出してはいけないし放出を止める必要がある」と話していました。

大阪のクジラ処分費1500万円 堺の府有地へ埋設、2年後標本に

能登町沖のベニズワイガニ大幅減 富山湾の海底地滑り影響か

道真しのび、優雅に舞 滝宮天満宮で梅花祭

国公立大2次試験始まる 鹿児島大、鹿屋体大で計3044人が受験

1ビットコインが1000万円を突破–史上初

東京, 03月05日 /AJMEDIA/ ビットコインは、米国証券取引委員会(SEC)による現物投資型ETFの承認や、ETFへの資金流入、半減期に向けた期待などで価格が上昇している。  直近の下落局面では、2022年12月から2023年1月にかけて、約210万円台にまで落ち込んだが、その後急回復。2月14日には円安も背景に、2021年に付けた円建ての過去最高値(約760万円)を更新したばかりだった。2024年は年初来で価格が60%も上昇した。

アイマス ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4で見た“39人が彩った10年間の集大成”

インターネット接続サービス「So-net」が刷新–使用感異なる「光 S/M/L」の3プランに

計算アプリ「Photomath」、グーグルのアプリとして公式に公開

「Android」スマホのホーム画面を手軽に効率化する5つの方法

高校野球 花巻東 佐々木麟太郎 進学先 米大学の壮行会で決意

東京, 03月05日 /AJMEDIA/ 高校球界屈指の強打者で岩手県の花巻東高校の佐々木麟太郎選手が、都内で行われた進学先のアメリカ スタンフォード大学の卒業生による壮行会に出席し「辛抱しなければいけないことがあると思うが、経験を成功に導けるよう頑張りたい」と決意を述べました。 佐々木選手は、高校通算で140本のホームランを打った強打者で、花巻東高校を卒業後は、アメリカの名門大学として知られるスタンフォード大学に進学します。 佐々木選手は4日に、国内にいるスタンフォード大学の卒業生などで作る「日本スタンフォード協会」が都内で開いた壮行会に出席し、およそ90人が参加しました。 佐々木選手は、冒頭のあいさつで「父親と『一瞬の喜びではなく、一生の喜びを考えて選択しよう』と2人で話してたことを覚えている。その中で、野球選手として、まだ未熟だし、勉強しなければいけないことが多々あると思って、勉強することが大事だと思った」と花巻東高校の野球部監督で父親の洋さんとのエピソードを交え、進学先を決断した経緯を話しました。 このあと佐々木選手は、卒業生たちに「英語を上達するためにはどうしたらいいか」とか「学ぶうえでどんなことを意識したらいいか」などと質問していました。 式のあと、佐々木選手は「失敗を経験して、自分のプラスに変えていこうと思っていたが、奥底に不安あったので、アドバイスを聞くことができて勉強になった。想像できないくらい大変だと思うし、辛抱しなければいけないことがあると思うが、経験を成功に導けるよう頑張りたい」と話していました。

プロ野球 今季からインフルエンザも感染症特例の対象に

マラソン 大迫傑 パリ五輪「出場する予定」自身の動画サイトで

サーフィン パリ五輪代表 日本の出場枠は男子3人 女子1人に

プロ野球 オープン戦 4試合の結果

カタールで追加協議へ 戦闘休止案、6週間で人質40人解放―イスラエル

東京, 02月25日 /AJMEDIA/ イスラエルのメディアは24日、パレスチナ自治区ガザで続くイスラム組織ハマスとの戦闘を巡り、パリで23日に行われたイスラエル、米国、カタール、エジプトの代表者による協議で、約6週間休止する案で合意したと報じた。イスラエル政府は代表団をカタールに派遣することを決定。追加協議を行い、詳細を詰めるとみられる。  報道によると、約6週間の戦闘休止期間中に、ハマスは人質の女性や高齢者、病人ら約40人を解放する。人質と引き換えにイスラエル側は数百人規模のパレスチナ囚人を釈放するとみられる。  ハマスは交渉条件について譲歩したとされる。ただ、情報筋はイスラエルのメディアに「(ハマスとの)合意には程遠い」と指摘。双方の間には依然として隔たりがあるようだ。  イスラエルは1月下旬にも今回と同じ関係国と戦闘休止などで協議し、合意内容をハマスに示した。ハマスはそれに対して囚人約1500人の釈放や本格的停戦を求める回答を提示したが、イスラエルは「妄想的だ」と拒否した。

互いに越境攻撃のイランとパキスタン 緊張緩和へ外相が会談

イラン軍事精鋭部隊 隣国パキスタンの武装組織の拠点を攻撃か

日本とサウジアラビア 重要鉱物の権益確保へ投資検討など覚書

クウェート ナワフ首長が死去 86歳

芥川龍之介「三つの指環」初掲載は医学雑誌 謎の1つが解明

東京, 03月05日 /AJMEDIA/ これまで発表の経緯が分かっていなかった文豪・芥川龍之介の「三つの指環」という作品が最初に掲載されたのは医学雑誌だったことが、専門家の調査でわかりました。専門家は、芥川をめぐる謎の1つが解明されたとしています。 芥川龍之介の「三つの指環」という作品は魔法の指輪を手にした3人の登場人物が、指輪の力に頼らず幸福を手に入れる物語です。 全集には収録されていますが、最初に掲載された雑誌や時期など発表の経緯は不明とされていることから、東京の博物館の研究員・木口直子さんは芥川の古い資料を手がかりに調査を進めていました。 その結果、明治時代に設立された京都府立医大の図書館に所蔵されている、大正12年に発行の医学雑誌、「體性」(たいせい)という月刊誌の4巻6号に掲載があったことを確認したということです。 木口さんは時期などからこれが最初の掲載だと分析しています。 「三つの指環」の内容は病気とは全く関係ありませんが、この医学雑誌の創刊者は芥川と同じ、現在の東京大学を卒業しているということで、木口さんは、そのつながりで芥川に寄稿の依頼があったのではないかとみています。 調査を行った田端文士村記念館の研究員、木口直子さんは「医学の雑誌に文学者の作品が掲載されることはかなり珍しい。長い間の謎が解ける貴重な発見になった」と話しています。 京都府立医大附属図書館の池谷博館長は「大変驚きました。歴史ある図書館がある大学として発見に貢献できて光栄です」と話していました。

名探偵 金田一耕助の映画フィルム発見 70年前公開も所在不明に

「神戸ブギ」を演奏 音楽家 服部良一さんの幻の作品 大阪

光石研 「個性がないことが個性」たどりついた俳優像

竹原ピストル「歌う内容はどうでもいい」!?その真意は

ルビーのような澄んだ色 アゼルバイジャンの「ザクロ」ワイン

東京, 12月25日, /AJMEDIA/ 宝石のような赤い実がたくさん詰まった果物、ザクロ。世界有数の産地、アゼルバイジャン共和国ではザクロワインの醸造が盛んだ。栄養豊富なザクロを使ったその甘酸っぱい味わいは、年末のホームパーティーにもおすすめだ。 うっとりするような澄んだ深紅のルビー色。口に含むと、鮮やかな甘酸っぱさが広がった。 「ワインが苦手な人でも飲みやすくて、ザクロ本来の果実味を楽しむことができます」 ザクロワインの魅力をこう語るのは、父がアゼルバイジャン人、母が日本人という、カランタル玲於(れお)さん(25)。東京・八王子で生まれ育ち、大学卒業後、アゼルバイジャンのワインや食品を取り扱う商社で働き、同国の食文化を伝えている。 栄養豊富な果実酒 カランタルさんが働く「TET INTERNATIONAL DEVELOPMENT」(東京都品川区)は昨年11月、グロイシャという品種のザクロを使ったアゼルバイジャン産の「アグス ポメグラネートワイン プレミアム」(1本3245円)の販売を日本で始めた。 ザクロワインは、果実を圧搾してジュースにした後、アルコール発酵と熟成などを経て造られる。しっかりとした果実味を感じる味わいに加え、ザクロ由来の栄養面でも注目されており、「むくみや高血圧の予防に効果的なカリウムや、ポリフェノールの一種で、抗酸化作用などがあるエラグ酸などが含まれている」(カランタルさん)という。 都内を中心にイベント出店し、ザクロワインの味と魅力を伝えるカランタルさん。その際必ず、世界地図を携えて、アゼルバイジャンの風土や魅力を伝えている。 カスピ海西岸の南カフカス(コーカサス)地方に位置し、北はロシア、南はイランとも国境を接する。隣国との交流から多様な食文化が育まれ、肉料理、特にケバブが名物。同じ南カフカス地方にあるジョージア、アルメニアとともに、ワイン発祥の地ともいわれている。 名産のザクロはワインだけでなく、煮詰めて料理のソースにするなど、身近な食材なのだという。 首都バクーは歴史的建造物と、高層ビルとが入り交じり、独特の景観をなす。「親日国で、自動車レースのF1グランプリや格闘技の大会も開かれる人気の観光地です」 隣国アルメニアとの紛争は和平へと進み始めた。カランタルさんは「対立によってこれまで多くの人が命を落とした。平和な状況が続いてほしい」と祈っている。ロシアのウクライナ侵攻の影響で落ち込んだワインの輸出も回復しているといい、「食を通じてアゼルバイジャンのことをもっと知ってもらいたい」と語った。

アゼルバイジャン:アルメニアと深まる対立、万博に仲良く出展していたのは遠い過去

【アゼルバイジャン共和国・バクー事務所発】現地レポート その2

世界旅行ツーリズム協議会、宿泊施設向けに「サステナビリティ検証」できるスキーム開発、達成すべき基礎的な12項目に焦点

アゼルバイジャンに行ってきます!

ヘイダル・アリエフはアゼルバイジャン現代国家の救世主であり創設者である

東京, 12月12日, /AJMEDIA/ 前世紀の 90 年代初頭、アゼルバイジャンが国家の独立を回復した後、我が国に暗雲が立ち込めました。 アルメニアの侵略の一方で、誤った政策の結果、アルメニアは内戦に巻き込まれ、アゼルバイジャンを奈落の底に導いた。 殉教者の血を犠牲にして回復されたアゼルバイジャンの国家独立は危機に瀕していた。 当時、この国をこの困難な状況から抜け出すことができたのは、国政の経験が豊富で、決意と意志の強い人物だけでした。 このような困難な時期に、アゼルバイジャン国民の唯一の希望は、当時ナヒチェヴァンに住んでいた偉大な指導者ヘイダル・アリエフでした。 アゼルバイジャンの人々は、彼だけが我が国をこの困難な状況から救えると考えていました。 間違いなく、偉大な指導者が当時権力を握っていなかったら、今日のアゼルバイジャンがどのようになっていたかを想像するのは非常に困難だったでしょう。 1993 年 5 月から 6 月にかけて、内戦の脅威と国内の独立喪失のため、アゼルバイジャン国民はヘイダル・アリエフを権力の座に就かせるよう要求した。 状況が日に日に緊迫する中、当時の国の指導部はこの天才政治家をバクーに招聘せざるを得なくなった。 このように、ヘイダル・アリエフはあらゆるリスクを考慮して国民の呼びかけに応えた。…

アゼルバイジャンを救うために作られた新しいアゼルバイジャン
彼の党は国際的に大きな影響力を持つ政治団体となった

アゼルバイジャンの国父ヘイダル・アリエフ元大統領
―共和国繁栄の功労者―

国家指導者ヘイダル・アリエフとアゼルバイジャンの国家思考

国家指導者ヘイダル・アリエフ氏が大統領に初当選してから30年