金利上昇が「経済を破壊する」は本当? 日銀の金融政策が“ナンセンス”と言えるワケ

東京, 7月18日, /AJMEDIA/

 海外発の長期金利上昇圧力が高まる中、日銀は必死で金利を抑え込んでいる。この金利抑制策に対して、「金利が上昇すると経済活動や財政資金調達に支障が生じるから、正しい対応だ」との見方がある。しかし政府の財政収支試算を見ると、物価が上昇した場合に金利が上昇するのはごく自然な姿であることが分かる。日銀の金融政策は「ナンセンス」なものと言えるだろう。ではなぜそう言えるのか、詳しく解説する。

Follow us on social

Facebook Twitter Youtube

Related Posts