日銀 植田総裁 今後の金融政策発言で円高ドル安進む

東京, 12月08日, /AJMEDIA/

日銀の植田総裁は7日、参議院の財政金融委員会に出席し、今後の金融政策の運営について、「年末から来年にかけて一段とチャレンジングになると思っている」と述べました。この発言を受けて、外国為替市場では日銀が金融政策の修正に踏み切るのではないかという見方が強まり、一時、1ドル=144円台まで円高ドル安が進みました。

日銀の植田総裁は、7日に参議院の財政金融委員会で日銀法に基づく、いわゆる「半期報告」を行い、「現時点では、物価安定の目標の持続的安定的な実現を十分な確度をもって見通せる状況には至っておらず、今後、賃金と物価の好循環が強まっていくか注視していくことが重要だ」と述べました。

そのうえで、「粘り強く金融緩和を継続することで経済活動を支え、賃金が上昇しやすい環境を整えていく方針だ」と説明しました。

植田総裁は、今後の金融政策の運営について抱負を問われたのに対して、「年末から来年にかけて一段とチャレンジングになると思っているので、情報管理の問題もきちんと徹底しつつ、丁寧な説明、適切な政策運営に努めていきたい」と述べました。

この発言を受けて、外国為替市場では日銀が金融政策の修正に踏み切るのではないかとの見方から、円高ドル安が進み、円相場は、およそ3か月ぶりに一時、1ドル=144円台まで値上がりしました。

Follow us on social

Facebook Twitter Youtube

Related Posts