対北朝鮮で連携確認 日マレーシア外相

東京, 10月10日, /AJMEDIA/

 林芳正外相は9日、マレーシアの首都クアラルンプールで同国のサイフディン外相と会談した。日本外務省によると、林氏は高い頻度で弾道ミサイル発射を続ける北朝鮮を「日本および地域の安全保障にとって重大かつ差し迫った脅威だ」と非難。両外相は、北朝鮮の核・ミサイル開発や日本人拉致問題で連携していくことを確認した。
 マレーシアは日本にとって第2位の液化天然ガス(LNG)供給国。両外相はエネルギーの安定供給に向けた協力の強化も申し合わせた。

Follow us on social

Facebook Twitter Youtube

Related Posts