センバツ高校野球 出場校32校 きょう決定へ

東京, 01月26 /AJMEDIA/

ことし3月に甲子園球場で開かれるセンバツ高校野球の出場校32校が26日決まります。

ことしで96回目を迎えるセンバツ高校野球は26日、大阪市内で出場校32校を決める選考委員会が開かれます。

困難な状況を克服して、好成績を残したチームなどが対象となる「21世紀枠」は、ことしから1校減って、2校が地域を限定せずに選ばれます。

また、残る30校については、去年秋の地区大会の成績などを参考にする「一般選考」の出場枠が20年ぶりに見直され
▽北海道が1校
▽東北が1つ増えて3校
▽東京を含む関東が6校
▽東海が1つ増えて3校
▽北信越は石川の星稜高校が明治神宮大会で優勝したため、例年より1つ増えて3校
▽近畿が6校、これまで合わせて5校だった中国と四国は
▽中国が2校
▽四国が2校
▽九州が4校となっています。

出場校は、午後3時半からはじめに「21世紀枠」の2校、続いて、「一般選考」の30校が発表されます。

ことし8月に開場から100周年を迎える甲子園球場で開かれる節目の大会は、3月8日に組み合わせ抽せんが行われ、18日に開幕し、休養日を含めて13日間の日程で行われます。

選考委員会の流れ
選考委員会は、午前8時半に始まり、はじめに21世紀枠の候補校9校について、各地区の高校野球連盟の関係者が推薦した理由をそれぞれ3分半で説明します。

各校の取り組みや地元の期待などをアピールできる最後の機会で、例年、この内容が選考の決め手の1つになっています。

このあと、21世紀枠と一般選考に分かれて非公開で議論が行われ、午後3時半からの総会で、はじめに21世紀枠の2校が発表されます。

続いて北から順に一般選考の30校と選考経過が発表されます。

おととしまでは、大会への出場が決まった学校への電話連絡が行われていましたが、去年からは、大会の主催者がインターネットで中継する、選考委員会の様子を学校関係者や選手たちがみずから確認する形式に変更されています。

Follow us on social

Facebook Twitter Youtube

Related Posts